So-net無料ブログ作成
運用方針 ブログトップ

2016年の運用方針 [運用方針]

[次項有]2015年の振り返り
・目標アセットアロケーションに向かって特定口座で積立を実行しました。
・外貨MMF/外国債券…税制変更に備え、為替差益があったものについてはほぼ売却。
  課題となっていた先進国債券比率を大きく下げることができました。
 (2014年末27%→2015年末13%)
・NISA口座…インデックスバランスオープンと個別銘柄・ETFで運用中。
  こちらは現在評価損になっています[もうやだ~(悲しい顔)]
[次項有]2016年の方針
・積立…設定した目標アセットアロケーションに近づくよう淡々と積立を実行@特定口座
    DCは月々の拠出は引き続き先進国株式100%ですが、今年は産休・育休により拠出がストップしてしまうため、一部定期預金に振り分けてある分を月々のスイッチングしていく予定です。
    また、現在は「資産の引越し」真っ最中のため毎月の積立額が大きくなっていますが、ストックからの積立ては8月で終了予定。
    9月以降は月々のフローからの積立のみとなります。出産に伴う収入源に負けない家計の見直しが急務です。
[モバQ]NISAについて
・上限額が120万円に引き上げられ、個別株の売買手数料が無料(SBI証券)になっているので少しETFや個別銘柄を増やしたい誘惑に駆られています。
 投信も購入すると思いますが、スポット買いと積立の併用でしょうかね。

・目標アセットアロケーションに変更はありません。

続きを読む


2015年運用方針 1Q終了時の進捗など [運用方針]

1月にたてた今年の運用方針。
ちょうど四半期が終ったところで現在の進捗度合いなど備忘録として。

[ひらめき]2015年の方針
[1]積立…設定した目標アセットアロケーションに近づくよう淡々と積立を実行。
    DCでは先進国株式クラスに拠出を100%集中させます。

[次項有]DCの拠出は先進国株式100%を実行中。
 それ以外の月々の積立については、目標アセットアロケーションにあわせて積立を実施中。
 ただし、キャンペーン等がある場合は四半期毎のチェックによる目標に届いていないアセットクラスの積立増額で対応。(直近で言えばSBI証券の積立応援キャンペーンではSMTグローバル株式の積立を増額)
 キャンペーン終了後は通常の積立額に変更します。

[2]原資となる現在の資産の売却優先順位について。
  ●新生銀行とJNBで保有している「国内債券クラス」の投信を売却(証券会社への移管ができないため)
[次項有]新生銀行のeMAXIS国内債券インデックスは売却完了。
 現在、JNBの同じファンドを売却中。
 国内債券クラスの比率は目標から大きくは乖離していないので、売却した分で個人向け国債の購入も検討しています。今日の夕方には5月発売分の利率が発表ですね。
  ●外貨預金に残っているUSDとAUD
[次項有]為替を見ながら円転も考えているのですが、今年はまた確定申告の実施を予定しているので、雑所得となる為替差益をあまり出したくない…というのが本音。
[ひらめき]NISAについて
 ・年度毎の損益がわかるようなので、世界経済インデックスと新たにSMTグローバルバランスインデックスオープンをスポットで購入しています。
  積立はキャンペーンなんかがあれば乗っかりたいなという感じで今のところまだ設定はしていません。
 ・個別株で松風を購入。こちらは長期保有予定。
 ・現在、今年のNISA枠はすでに半分消化している模様。投信だと枠を使い切れるのが良いですね。

2015年の運用方針 [運用方針]

[次項有]2014年の振り返り
・昨年は目標アセットアロケーションに向かって積立を実行しました。
・外貨預金…満期を迎えたNZDとEURは全て円転。
 ボリュームの大きかったAUDもどんどん円転をすすめ、月々の積立原資としました。
 過年度からの損益通算をするため、為替差益も確定申告を行います。
・NISA口座を開設し、損益通算を考慮した結果、バランスファンドで運用する事にしました。
 また、株式の売買手数料無料だったため個別銘柄にも少し手を出しています。
・個別銘柄については上場廃止に伴うスターバックスの売却。譲渡益が出ていたのでこの相場でも回復しなかったヤマトインターナショナルを売却、譲渡損と一部相殺しました。
[次項有]2015年の方針
・積立…設定した目標アセットアロケーションに近づくよう淡々と積立を実行。
    DCでは先進国株式クラスに拠出を100%集中させます。
・原資となる現在の資産の売却優先順位について。
  新生銀行とJNBで保有している「国内債券クラス」の投信を売却(証券会社への移管ができないため)
  外貨預金に残っているUSDとAUDに関しては為替を見ながら少しずつ円転します。
・基本的に今年は積立で購入するのみで売却はあまり考えていません。

[モバQ]NISAについて
 ・年度毎の損益がわかるようであれば世界経済インデックスファンド(株式シフト)継続して購入。
  積立とスポット購入を併用したいと思っています。

ETFか投資信託か? [運用方針]

同じ指数を目指すETFと投資信託。
違いはコストと手間だと思うのですが、私自身はまとまった資金(ストック)をあるべきポートフォリオに変更するときにETFを活用するべきか?というところで悩んでいました。
『教科書的には正しい』この行動も実際に投資を執行するという段階において、日々変動するETFの価格を横目で見つつ自分の月給以上の金額を月々(最低20ヶ月)投入して行く…ということに心理的な負担を感じそうでした。
たとえある日にちを決めて成り行きでの執行だったとしても仕事と育児に追われる日常では忘れる事もあるかもしれませんし。
また、固定の信託費用は低くとも、売買の度に手数料がかかるのでメンテナンスが大変。
投信なら自動積立設定をしておけば値段を見ずに勝手に買い付けをしてくれる(躊躇することもなく)。
リバランスの手間がかかる。細かく計算して手動で金額を合わせて
…となると投信の方が使い勝手が良いのではないかと。

投信かETFかで迷っていたのは信託報酬というコストのみだったのですが、結局、持っていた数種類のETFはそのまま保有して、残りを目標のポートフォリオに向けて投信で積み立てる…という方針で行く事にしました。

投信だと取り崩すときに金額指定も簡単にできますしね。
感情を入れずに積立するなら投信を使った方が楽だとは思います。
マーケットの急変で「あと○日積立日がずれてれば…」と思う事もなくはないけど、たられば言っても仕方がないし、私にとってはベターですね。

続きを読む


子どもの教育費について [運用方針]

我が家には現在息子が2人。
もうすぐ5歳になる年中児と現在2歳の1歳児クラスに在籍中の保育園児です。
家計の中でかなりのボリュームを占める保育料。
保育園には税金が投入されている事も重々承知しておりますが、それでも保育料を最高額とられると年間72万円にもなり、私の手取りの半分近くはここに消えてる計算に[がく~(落胆した顔)]
3歳児から4歳児になった長男の保育料は下がったのですが、3歳未満児の次男がその分上がり支払額は変わらず。この4年間ずーっと払い続けております。
すでに300万円近くが消えている事に[がく~(落胆した顔)]数字にするとインパクトがデカい…。
「小さいときが貯めどき」ってなんのこと[exclamation&question]

続きを読む


2014年の運用方針【変更】 [運用方針]

今年の年頭に決めた運用方針を若干見直す事にしました。
【変更点】
昨年までのマイナスの繰越控除は今年の確定申告ですべて使い切れます。
・基本的に今年は積立で購入するのみで売却はあまり考えていません。
→源泉徴収ありの口座については申告せず、なしの口座について損通しましたが余りましたので今年に繰越(今年度で期限切れ)ました。やっぱりETF売却しなくても良かったな…[たらーっ(汗)]
損通の範囲内で現在保有している投資信託を整理していくことにしました。
また、確定申告するので為替差益などを20万円未満に…という縛りもなくなったので外貨預金の円転も進めることにします。
まず、定期の満期を迎えるユーロ、NZドルを円転させ、月々の積立の原資に回します。
今年で損通終わったら来年以降差益20万円未満に抑えながら円転させたいので、存在感抜群の豪ドルも為替の様子を見ながら比重を減らして行きたいです。

[モバQ]NISAについて
とりあえずSBI証券に口座を開きました。
まだ何にも買ってません。ETFにするか投信にするか…どうしようかなぁ。
年間の上限を拡大するより5年っていう縛りを無くして欲しいなー。

2014年の運用方針 [運用方針]

[次項有]2013年の振り返り
・昨年は目標アセットアロケーションを設定してそれに向かって調整していく…という方針を決めました。
前半に売却した株をもう少し待っていれば…とか思わないでもないですが、株高の恩恵を受けて売却益もプラスで終われました[わーい(嬉しい顔)]
昨年までのマイナスの繰越控除は今年の確定申告ですべて使い切れます。
・改めて資産を書き出してみて、外貨預金の比率が大きいという問題点が浮き彫りに[たらーっ(汗)]
・ETF、ずっと持っておくつもりでしたがちょっと日本株式の比率が高めだったのと税率10%の内に利確しておきたいこともあり半分くらい売ってしまいました。
…が、今後投資額が増えて行けば割合は是正されるから売却しなくても良かったかも[バッド(下向き矢印)]
[次項有]2014年の方針
・積立に関しては設定した目標アセットアロケーションに近づくよう淡々と積立を実行して行くのみ。
・特に増やして行きたいのは先進国株式クラス。DCの月々の拠出は100%ここに集中させています。
・その原資となる現在の資産の売却優先順位について、まずボリュームダウンさせたい外貨預金から手をつけることにします。
現在の外貨預金は多い順に豪ドル・米ドル・ユーロ・NZドル。
すぐには使わないお金だったので定期に入れていて、ちょうどこのタイミングでずーっとマイナスだったユーロがプラ転。
満期を迎えるものについては円転させ、月々の積立の原資に回します。
同様に高値をつけているNZドルも円転して積立原資に。
株式の売買は源泉徴収ありの特定口座を使っているので、基本的に今年度は確定申告しない予定なので為替差益なども年20万未満に抑えたいところ。
なので、今、豪ドルや米ドルまで円に戻すと確実にアウトになるので為替の状況によりますが数年かけて戻すことになりそうです。
・基本的に今年は積立で購入するのみで売却はあまり考えていません。
個別株に関しても同様。税率上がっちゃったしね…。
[モバQ]NISAについて
利用したいなーとは考えていますが今の制度だと躊躇する部分もあるのでまだ口座すら開設していません。
決められた期間内に必ずプラスにできるとは思えないし、マイナスのときの泣きっ面に蜂レベルが半端じゃないので…。
興味はあるからとりあえず様子見ですね。

はじめに [運用方針]

2009年生まれの長男と2012年生まれの次男の教育費と自分たちの老後資金を貯めていく過程を記録していきます。
息子たちは3学年差。そして次男が22歳のとき夫65歳…うーん[たらーっ(汗)]ギリギリ[exclamation&question]
よく「子どもが独立した後、定年までの数年間は老後資金を貯めるラストスパート!」など言われていますが、我が家にそんな猶予はない[end][soon]

先日、資産配分を見直した結果、目標とすべきポートフォリオが明確になった[目]ので、その引っ越し過程を備忘録として残しておきたいと思います。
引っ越し完了まで3年半を予定しています。
目標とするアセットアロケーションはこちら



引っ越し完了後は資金が必要となる日まで月々の積立投資で育てて行きたいと思っています。
我が家、学資保険には入っていません。
貯める手段はインデックスファンド、基本的にはSMTシリーズの積立で運用して行きます。
上記アセットアロケーションには自分の確定拠出年金(DC)も含むのですが、こちらも現在ポートフォリオの1パーツ(先進国株式クラス)とするべく時期を分散して預替を実行中です。

運用方針 ブログトップ