So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年の譲渡損益まとめ [個別銘柄]

カレンダーも残りあと1ヶ月。

今年は個別株や投資信託を幾つか売却しています。
損を確定させた投信もあるし、特定口座で持っていた株を売却してNISAで買い直したものも含みます。
今後、投信積立以外に個別銘柄の売買予定はないのでちょっと早いのですが今年のまとめ。
自分のために記録を残しておきます。

今年、初めてNISA口座で年度をまたいだ売買をしたのですが、
NISA口座では、購入した年に譲渡損益が計上されて表示されるんですね。(私はSBI証券を利用)
年をまたいで売却したのが初めてなので知りませんでした[たらーっ(汗)]
・2014年に購入→2014年に売却…2014年の売却益
  これは素直に納得できます。
・2014年に購入→2916年に売却…2014年の売却益
  一瞬「[exclamation&question]」と感じます。
1年ごとに単位が決まっている制度なので、理屈で考えれば当たり前ですが、私の感覚的には不思議。
年別の管理表を見て、同じ銘柄・ファンドを購入していてる場合、年度ごとに損益が違う[たらーっ(汗)]
トータルではプラ転していても、2015年購入分はまだマイナスとか(このパターンが多いです)
私の保有分は、この2015年分が足を引っ張っている感が強いです。

自分の中でわかりやすくするために「取得年度にかかわらず今年売却した」NISA分の売却益合計は76,740円でした。

そして特定口座合計104,468円(税引き後)でした。
源泉徴収で27,000円弱引かれております[たらーっ(汗)]合わせて181,208円也。
この中には8年越しに売却した銘柄なんかも含まれていますので、今年はたまたま良かっただけですけどね。





昨年は譲渡損だったので、配当から還付されましたし[あせあせ(飛び散る汗)]

NISAはおまけ的な要素で使うことにしましたが、期限の問題からも「タイミングが全て」。
これに尽きます。
損益通算できないことや、期限の問題など頭では理解していても、肌で感じるのはインパクトが違いますね。
百見は一実感に如かず[ー(長音記号1)]

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。